ドックフードの成分を分かりやすく解説!原材料の比較や見方まで

ドックフードの成分や栄養素やあげる量、原材料などを解説しています。犬や特に柴犬のアレルギーが気になる人はドックフード成分は、どんな栄養素で、犬にどんな影響があるのか気になる人もいると思います。その栄養成分についての見方や比較、分析などをしています。成分表の原材料から分かることはたくさんあります。

カテゴリー

ドッグフードの成分表の基本的な見方を分かりやすく解説!

 

f:id:kenkou145:20180915162628j:plain

ドックフードの成分表の基本的な見方と意味についてです。

これから新しい家族の一員でもある犬を飼う、または餌をあげるのに、中に何か入っているのか気になる人もいると思います。

これは人も同じですけど、中に何が入っているかを把握しておくことで、ワンちゃんの健康管理などに役立つことになります。

犬も人と同じで、ある栄養の取りすぎなどで、体調を壊してしまう事もあります。

体を作る資本が食べ物になるので、ドックフードに何が入っているのかの確認だけはしておいた方が今後のためになると思います。

でも成分というと、何か難しい感じもしますけど、そんな事もありません。

奥は深いですけど表面上は、とても単純なものになっているので、誰でもすぐに理解できると思います。

 

 

ドックフードの成分表の基本的なことについて!

ドックフードには必ず成分表というものが表示されていますけど、そもそもなぜこのような表示が必要なのかは、ペットの安全確保のために国が法律して作ったためです。

平成21年6月から農林水産省と環境省の取り決めで「愛がん動物用飼料の安全性の確保に関する法律」が作られたわけです。

元はアメリカで、犬や猫にあげる餌で相次いで死亡事故が発生していて、日本でもその発生が懸念されていてために、法律が作られたことになります。

それが「ペットフードの安全法」という事になります。

どんな法律かというとこのようになっています。

 

  • 対象となるペットフード
  • ペットフードの基準・規格の設定
  • 有害な物質等を含むペットフードの製造の禁止
  • ペットフードのの廃棄等の命令
  • 製造業者の届け出
  • 帳簿の備付け
  • 報告徴収・立入検査等

 

と、何やら難しい感じがすのですが、今回に関係するのは「ペットフードの基準・規格の設定」という事になります。

 

 

ペットフードは成分の基準がある!

国はペットフードの製造や表示の基準や成分の規格を定めることができ、その基準に合わないペットフードの製造や輸入などは販売を禁止している。

となっていますが、今回のテーマでいうと、ここが国の法律で決められているので、ドックフードに国の法律で決められた成分を表示しなければいけなくなっています。

そのための成分表になります。

その成分も含めて、ドックフードに表示しなければいけなのが、このようになっています。

  1. 名称
  2. 賞味期限
  3. 原材料名
  4. 原産国名
  5. 事業社名


最低限、この5つをペットフードやドックフードに日本語で表示させないと、法律違反という事になります。

この5つのうちチェックするのは原材料と原産国名になります。

原材料が成分という事になります。

ただここで怖いのは、原則としては使用した添加物なども含め、すべて記載しなければいけませんが、ここの基準については具体的なものが決まっていない事です。

分かりやすくすると、基本はすべて表示して下さいとなっていますけど、でもすべて記載しなくても法律違反ではないですよ!となっているわけです。

要するに省略しても良い成分がある事になります。

詳しくは農林水産省のペットフードの安全法に記載されています。

製造過程で含んではいけないものもしっかりと決められています。

ただ、犬は人間と違うところがあるし、また人間が食べることができても、犬がNGな食べ物はたくさんあります。

そのような心配を避けるために、ドックフードの製造をしているメーカーは、しっかりと使ったものを原材料に成分として載せているところがほとんどです。

ただ表示しなくても良いのが「加工助剤」などと呼ばれるものと、一部の添加物の成分は表示しなくても良い事になっています。

加工助剤は、ペットフードを加工にするときに使われるもので、このようなものは表示しなくても良いことになっています。

基本的にどのドックフードも添加物等を含め、すべてを記載している事になりますが、表示しなくても良い添加物もあるという事です。

食品添加物については、気になる人もいると思いますけど、これは記載すべき食品添加物というものが決まっていて、その決まったもの以外は記載しなくても良いことになっています。

ちなみにこの基準は、人間の食品と同じ基準になっていますので、犬も人も同じ扱いの基準という事になります。

原材料がそのドックフードに使われている主な主成分という事になりますので、その成分と原産国、どこの国で作られたものかを見て自分の飼っているワンちゃんに合うのかどうかを見極めるような感じになります。

その原材料は、ドックフード一つ一つによって変わってきますので、その栄養素について調べておくと良いと思います。

例えばチキンが含まれていれば、どのような栄養価や犬の体の健康に役立つのか?などです。

そして、その原材料以外に「保証分折値」というものが別に表示されている事が多いと思います。

 

 

ドックフードの保証分折値って一体なに?

ドックフードの成分表示を見ると、原材料以外に保証分折値というものが表皮されている事が多いと思います。

これは分かりやすくすると、原材料に対して、どのくらいの栄養価があるのかという目安の事です。

例えばチキンが含まれているのであれば、鶏肉に含まれているタンパク質などが含まれている事になりますが、そのタンパク質などの含まれると成分量などを合わせるとこのくらいのタンパク質などが含まれている!という目安のことを保証分折値と呼んでいます。

良く見みると「粗」とついているものが多いと思います。

  1. 粗タンパク質
  2. 粗脂肪
  3. 粗繊維
  4. 粗灰分
  5. 水分
  6. ビタミン類とミネラル

という感じになっている事が多いと思います。

「粗」とつくのは、純粋な成分以外の物質も含まれているという意味になります。

例えば「粗タンパク質」という事は、純粋なタンパク質以外にも、他の物質も含まれていますよ!という意味です。

タンパク質はアミノ酸類も含まれていることになりますが、そのような物質を「粗」にしているわけです。


主に上記の事が保証分折値として表示されていますが、これは犬に必要な栄養成分の基準を保証しているという意味で表示されている事になります。

ちょと難しい感じですが、AAFCO(米国飼料検査官協会)というアメリカが決めた成分の基準値を日本が参考にしている事になります。

ペットにどのくらいの栄養を与えると良いのかという事を、日本のデータだけでは少ないために、アメリカの基準を採用している事になります。

犬に必要な栄養素を、その基準に沿って表示していますよ!または保証していますという事を言いたいわけです。

この基準がないと、ドックフードを製造しているメーカーが決めてしまう事になるので、犬や猫の健康被害になる可能性が出てくることになります。

そうならないための基準という事になります。

 

 

どのくらいの成分量を取ると犬に良いの?目安は?

そして保証分折値を見ても、今の犬に適している量なのかどうかの判断がつかないと思います。

これは目安でしかないのですが、例えば犬にも人間にも成長期と維持期と分かれています。

成長期は生後50日くらいの時期のことで、維持期はそれ以降の1歳から10歳くらまでの事をいいます。

1日に必要なエネルギー量は、やはり成長によって変わってくる事になります。
あくまでも目安ですが、このような感じです。

 

  • 粗タンパク質の目安

粗タンパク質は成長期で27%前後、維持期で23%前後が目安いとされていますが、タンパク質はエネルギー源になるので、取得するだけで運動をしなければ太ることになります。

また不足すると、必須脂肪酸の欠乏から皮膚疾患などにもなる事がありますので、大事な栄養素の一つになってきます。

 

  • 粗脂質の目安

粗脂質の場合は成長期で18%前後、維持期で15%前後が目安になっています。

コチラも犬には必要不可欠な栄養素になってきます。

 

  • 粗繊維の目安

粗繊維は成長期も維持期も3~5%前後が目安となっています。

食物繊維というと分かると思いますが、便の調子を整えるのに必要なものになってきます。

食物繊維は水に溶けない不溶性と水に溶ける水溶性となりますが、パッケージ表示だけでは、どちらが多いのかは予測はできません。

ただどちらにしても、便の調子を整えるには必要になってくるものです。

 

  • 粗灰分の目安

粗灰分は成長期も維持期も7%前後が目安になっています。

食品を高温で焼いたときに灰として残る成分の事をいいますが、これが多く水分が少ないと、尿路結石になることもあるので、成分量を見て予防をする事ができます。

 

ドックフードの成分量の基本的な見方まとめ

ドックフードに含まれる成分の基本的な見方をまとめると、原材料は何を使っているのか、保証分折値はどのくらいなのか、ここを参考にして今のワンちゃんの調子や健康に合わせて選ぶと良いことになります。

また後々のことを考えている人も多く、少しでも長く健康でいてもらいたいという意味で、良いドックフードを選びたいという人も多くなってきました。

人間もそうですけど、犬の健康もまだまだ分からないことがたくさんあります。

そういう観点から普段から注意することで、ワンちゃんも幸せな生活を送ることができると思います。