ドックフードの成分を分かりやすく解説!原材料の比較や見方まで

ドックフードの成分や栄養素やあげる量、原材料などを解説しています。犬や特に柴犬のアレルギーが気になる人はドックフード成分は、どんな栄養素で、犬にどんな影響があるのか気になる人もいると思います。その栄養成分についての見方や比較、分析などをしています。成分表の原材料から分かることはたくさんあります。

カテゴリー

Dr.ケアワンのドックフードの成分は危険?愛犬には大丈夫?

f:id:kenkou145:20180921105337j:plain

ドックフード、Dr.ケアワンは大丈夫なの?という事で、この件についてです。

それを判断するのは、中に何が使われているのか?ここが分かれば、自分でも判断する事ができると思います。

ただ結果から言うと、優れたドックフードと言えると思います。

今はペットフードはたくさんありますけど、でも色々ある中でも犬の事を考えられて作られた内容になっていると思います。

コチラは、株式会社アニマルライフ研究所という、東京にある会社が販売していて、事業内容としては、ペットに関連する商品の取り扱いとなっています。

ペットフード以外に犬用のサプリメントも販売していて、犬に向けたものに従事していると思います。

とはいっても、中に何が使われていて、どのような犬にどのような働きがあるのかが分からないと不安もあると思います。

という事で、Dr.ケアワンのドックフードの成分と原材料の働きについてです。

 

 

ドックフード!Dr.ケアワンの全体的な概要

最初にどのようなことをテーマにして、今回のDr.ケアワンのドックフードが構成されているのかについてです。

テーマにしているのは「健康寿命」ここをテーマにしていて、そこを目指したドックフードになってします!という事が公式サイトを見ると分かると思います。

そこをテーマにするときに、どのようなものを与えていかなければいけないのか、勉強や研究が必要になるのですが、コチラは獣医師、動物栄養学博士、ペット栄養管理士の、それぞれの専門家が監修してドックフードが構成されています。

ペットや犬の栄養に詳しい人が監修することで、間違ったものは配合されない事は明白だと思います。

監修している栄養士の方は、本なども出版しているので、それなりに地位がある人の監修だという事が分かります。

そこからして、他のドックフードとは違うと思います。

どのような人が関わっているのか、分からないドックフードも多いと思います。

やはり最初の大事なところがここで、どのような人が関わっているのかは、とても大事な事になります。

これが例えば、ペットの事を何も知らないで販売している、または輸入をして販売しているだけ、このような会社もたくさんありますので、そこから比べるても、差がある事になります。

そして成分や原材料から分かる特徴はこのようになると思います。

  1. 国産
  2. 無添加
  3. 腸内の正常化
  4. 肌や病気の対策
  5. 足腰の対策


中を見ると、他のペットフードで使われてない素材なども使われています。

それも後で説明しますが、まとめると上記のような事が特徴になってきますのでテーマ通りの「健康寿命」ここを目指したドックフードだという事が分かります。

まだ愛犬にトラブルがなくても、これから予想される病気はたくさんあります。

その病気になってから対策するのもありですが、でも前もって、そこを考えて対策しておいた方が犬にとっても嬉しいと思います。

今は犬の保険もありますが、病院代はバカになりません。

まだ保険の内容もそんなに充実しているわけでもないので、病気をすれば負担も大きくなってきます。

そうならなたいめの対策としての食生活を目地している人にオススメできるのが今回のDr.ケアワンだと思います。

そしてすでに問題を抱えている愛犬、例えば目やに多い、便の調子が悪い、元気がない、毛質がどうも・・・のようなワンちゃんにもオススメできると思います。

そのための対策として、原材料や成分、素材が選択され、中に配合されています。

 

Dr.ケアワンの原材料や成分は何が使われている?

Dr.ケアワンの原材料、成分はどのようなものが使われているのかですが、このようになっています。

 

  • 鶏肉
  • 大麦
  • 玄米
  • ビール酵母
  • かつお粉末
  • しいたけ
  • 黒米
  • 赤米
  • 大根葉
  • ごぼう
  • 人参
  • 昆布
  • むらさき芋
  • かぼちゃ
  • ブロッコリー
  • グルコサミン
  • コンドロイチン
  • キャベツ
  • 白菜
  • 高菜
  • パセリ
  • 青じそ
  • 卵殻カルシウム
  • ビタミンE

このようになっていますが、ここから分かることは、とてもヘルシーだという事です。

鶏がメインのドックフードになっていますが、鶏は低カロリーで高タンパ質で知られています。

犬の生命線になるのが、このタンパク質になってきますが、そのタンパク質に鶏肉がベースになっている事が分かります。

ちなみに、他の人気のドックフードと比べると、ここも少し違っていて、人気のものになると、他に鹿肉や豚肉、牛肉など、他の肉を使われてることが多いですが、Dr.ケアワンについては、鶏肉のみなので、かなりヘルシーになっています。

実際の栄養素、成分を見るとヘルシーだという事が分かります。

 

Dr.ケアワンの栄養成分

  • たんぱく質(22.5%以上)
  • 脂質:(7.5%以上)
  • 粗繊維(2.5%以下)
  • 灰分(6.0%以下)
  • 水分(10.0%以下)

となっています。

他に気遣いがされているドックフードから比べても水分が多く、そしてタンパク質が少なめなのが分かります。

タンパク質の平均はありませんけど、感覚でいうと30%を超えている、またはその前後のものがほとんどです。

鶏肉しか使われていませんので、タンパク質が22.5%ですから、かなり低めの設定にされた内容だと思います。

タンパク質は犬にとって必要なものですけど、でも取りすぎは何でもそうで、体に負担になってきます。

低たんぱく質なので、おやつを少し多め、他の要素を追加してあげる事も可能なドックフードと言えると思います。

それ以外に他のペットフードと違うのは、野菜がとにかく多い事で、ここも他社では使われていない素材が、結構な数があります。

 

Dr.ケアワンは野菜が多いドックフード!

Dr.ケアワンは他のペットフードから比べると、野菜が多いドックフードだという事が分かります。

他のペットフードであまり使われてない野菜の働きについて簡単に解説するとこのようになります。

 

Dr.ケアワンに含まれる黒米や赤米の働きとは?

黒米や赤米は、白米より病気や害虫、寒さにとても強く栄養豊富なお米になってきます。

例えば黒米と白米と比べると栄養価はこのような違いになります。


(黒米)

  • 食物繊維(7倍)
  • カルシウム(4倍)
  • マグネシウム(5倍)
  • カリウム(7倍)
  • ビタミンB1(4倍)

白米から比べると、かなり栄養豊富なのが分かると思います。

そして黒の成分はアントシアニンという成分によるもので、目にも良いし、そしてアトピーなどの皮膚に関係する病気にも良いとされていますので、そこの対策、またはすでに目や皮膚に何か問題がある愛犬にも良い事になります。


(赤米)

  • 食物繊維(8倍)
  • カルシウム(3倍)
  • マグネシウム(4倍)
  • カリウム(3倍)
  • ビタミンB1(5倍)

赤米も白米と比べると、かなり違うことが分かると思います。

赤米はタンニンというポリフェノールが多く含まれていて、若返りと腸内の環境を整えるものとしても知られているものです。

子犬~シニア犬までの健康対策をする事ができます。

 

大根葉と犬の健康に関係すること!

普通は捨てるはずの大根の葉ですが、その本来は捨てることが多い葉に栄養素がたくさん詰まっています。

  • βカロテン
  • ビタミンA
  • ビタミンC
  • 鉄分

βカロテンは耳にした事がある人は多いと思いますけど、体内でビタミンAに変わりますが、視力、皮膚の粘膜、その他健康に役立つものになります。

大根の実よりも捨てることが多い葉にこそ、栄養がたくさん隠されています。

 

ごぼうの働きと犬の健康の関係

これは知っている人の方が多いと思いますけど、食物繊維が豊富なので、便の調子が悪い、または腸内を整えたい、健康にしたいというワンちゃんにオススメの素材になります。

 

むらさき芋と犬の健康の関係

紫色をした芋のことになりますが、このような栄養成分が含まれています。

  • βカロテン
  • ビタミンC
  • ビタミンE
  • 食物繊維
  • カリウム
  • 炭水化物
  • セルロース
  • ヤラピン
  • アントシアニン

特に多いのがアントシアニンで、これは上記で説明した通り、目や皮膚関係に良いものとされています。

 

ブロッコリーと犬の健康の関係

ブロッコリーは特にビタミン類が多く、A、B群、C、E、Kと、色々な種類のビタミンが含まれています。

これもドックフードにあまり使われないものですが、体を構成するのに必要なビタミンをたくさん取ることができます。

 

キャベツと犬の健康の関係

そしてキャベツも配合されていますが、ビタミンU、ビタミンC、K、カルシムが主な栄養成分になってきます。

ビタミンUとはキャベジンと呼ばれるもので、胃の粘膜を保護したり強くするのに役立つ栄養成分です。

 

ドックフード!Dr.ケアワンの原材料や成分から分かることまとめ

ドックフードとしては、珍しい成分や原材料について話しましたが、それ以外にグルコサミンやコンドロイチンなども配合されているので、骨や関節などにも気遣いがされています。

さすが動物の栄養士さんが監修しただけの事があって、普通では考えられないような栄養素、素材が配合されています。

Dr.ケアワンについては、本当に犬の健康寿命の事を考えて構成されている事がイメージできたと思います。

個人的にでも、コチラは愛犬にオススメできるドックフードだと思います。