ドックフードの成分を分かりやすく解説!原材料の比較や見方まで

ドックフードの成分や栄養素やあげる量、原材料などを解説しています。犬や特に柴犬のアレルギーが気になる人はドックフード成分は、どんな栄養素で、犬にどんな影響があるのか気になる人もいると思います。その栄養成分についての見方や比較、分析などをしています。成分表の原材料から分かることはたくさんあります。

カテゴリー

ドックフード!犬心の消化器ケアの成分と原材料から分かるメリット

f:id:kenkou145:20180926105434j:plain

犬心の消化器ケアのドックフードの成分と原材料から分かるメリットについてです。

消化器ケア!となっているので、ここのケアだという事は分かると思いますけど、他のペットフードとは、ちょっと違うことが分かると思います。

コチラは、すでにその消化器関係のトラブルをすでに抱えている愛犬におすすめできる内容という事になります。

でも今まで、このようなものが無かったので、消化関係のトラブルがあるワンちゃんにとっても、飼い主さんにとってもケアの一つとして役立つと思います。

やっぱり病院だけでは解決できないことがたくさんあるからです。

でも人間と違いますので、どのようなものが中に使用されているのか不安に感じる人もいると思います。

という事で、成分や原材料には、どのようなものが使われているのかについてです。

 

 

犬心の消化器ケアはどんなドックフードなの?

最初に犬心の消化器ケアはどんなドックフードなのかその概要についてですが、コチラは、株式会社マッシュルーム・デザイン・スタジオというところが販売している食事療法食を目的としたペットフードで、会社自体が研究所になっていて、そこで研究開発された自社のオリジナルブランドという事になります。

ドックフードの販売は、元から誰かが考えたものを譲り受けて販売しているケース、そして自社で考えたオリジナル販売と分かれることになりますが、自社でオリジナルを作っている方が、商品の隅から隅まで知ることができますので、コチラの方がメリットが多くあります。

オリジナルの場合は要するに、ユーザーの方の声を拾って、また改良する事も十分にできるからです。

でもオリジナルでない場合は、それができないし、そして責任感の持ち方にも違いがあります。

やはり自社開発している方が重みがある事になりますが、一体どのような特徴を持ったドックフードなのかを、簡単にまとめると、このようになります。

 

犬心の消化器ケアは主にこの3つのことを対策するドックフード

 

  1. 食不振
  2. 嘔吐
  3. 便の調子


という、消化と排泄に関わるところを対策するドックフードだという事です。

知っている人も多いかも知れませんが、犬は人間と同じような病気をします。
体のトラブルの原因についても、似たようなところがあるのですが、でも人間の場合は、すぐに対策が出来ても犬の場合は、原因不明である事も数多くあります。

そんな愛犬におすすめできるのが今回の「犬心の消化器ケア」という事になります。

犬に多い、皮膚に関係するトラブルもそうですが、病院にいっても解決がでいない事もたくさんあります。

その対策の一つとしてオススメできる内容になっています。

子犬というよりも、どちらかと言うと、成犬やシニア犬に多いと思いますけど、その消化器系をカバーできる内容になっています。

ですので、一度動物病院にいっても、その後の様子に、回復傾向にないワンちゃんにおすすめできる事になります。

コチラの開発者の社長さんは、同じく犬を飼っていて、愛犬が慢性的な下痢になり、病院でも原因が分からなく最後は大病で亡くなっています。

そのような思いから開発した背景もありますので、飼い主さんの気持ちが分かっている人というだけでも安心感があると思います。

 

犬心の消化器ケアの原材料はどんなものが使われている

そして気になるのが「犬心の消化器ケア」には、どのような原材料が使われているのかです。

  • 生牛肉
  • 生鶏肉
  • 生バイク
  • 植物油
  • 魚粉
  • ココナッツ
  • ゴマ
  • トウモロコシ
  • 生魚
  • ホエイ
  • 玄米
  • 大麦
  • さつまいも
  • じゃがいも
  • 海藻
  • はなびらたけ
  • 冬虫夏草
  • オリゴ糖
  • ビール酵母
  • 有胞子乳酸菌
  • 犬由来お乳酸菌
  • ビフィズス菌
  • 犬由来の酪酸菌
  • ナトリウム
  • クロール
  • カリウム

となっています。

コチラのドックフードの特徴になっているのが、犬に合わせた配合量になっている事です。

配合比率は、とても大事なことであって、例えば肉が30%で後が70%の場合と、肉が80%で後が20%だと、犬の健康にも大きく左右してくる事が分かると思います。

何でもバランスがとても大事で、人間もそうですが、肉の比率が多く野菜が少ないのと、肉が少なく野菜が多い食生活では、体の調子も変わってくる事になります。

そのバランスに長けていることになりますが、ここは企業秘密になっていて、購入したパッケージにも記載がありません。

普通は何が何パーセントと記載があるのが普通です。

犬に合った絶妙な配合比率になっている事が、コチラの一番の特徴になっています。

そして原材料で珍しいものでいうと、はなびらたけ、冬虫夏草、有胞子乳酸菌を使っていることです。

人用のサプリメントでは、この素材を使ったものがありますけど、犬用のものでは、珍しいと思います。

ここまでくると、ドックフードというよりも、サプリメントも一緒に取っているようなイメージになるのですが、体に良い栄養成分が、たくさん含まれています。

 

はなびらたけは犬にどんな健康メリットがある?

はなびらたけというのはキノコの事になりますが、見た目は一瞬、カリフラワーのような見た目を感じることができます。

珍しいキノコの一つで、見つけるのにとても難しいキノコで、中華料理、フラランスなどでも高級食材のように扱われています。

日本ではが、1998年に東京薬科大学の研究グループが、このキノコの働きの中心となるベータグルカンという成分について学会で発表があり、注目を集めて、今でも研究がされています。

食物繊維の一種なのですが、大病や腸内環境のコントロール、コレステロールを減らす、そして抵抗力のアップに期待されているものです。

食物繊維でありながら、色々な働きを持っていることが分かっています。

普通のキノコにも含まれているのですが、その普通のキノコから比べると、べーターグルカンが約4倍近くも含まれている事が分かっています。

犬の健康にも役立つキノコになってきます。

 

冬虫夏草の働きと犬の健康について

そして冬虫夏草もキノコになるのですが、これはもう東洋医学では有名なキノコの一つで、どちらにしても、とても高いキノコで、天然のものは乱獲によって数が激減して、今では1㎏で約600万という価格で取引がされているようです。

そのため偽物も多く出回ることになるのですが、高級以上のキノコになっています。

乱獲されるのは、それを求めている人がいるためなのですが、コチラのキノコは、体の生体組織を元気にする虫草多糖、血液をキレイにする虫草酸、体に必須栄養素になるアミノ酸、老化の原因の体のサビを落とす老化SOD、病気の芽をやっつける虫草素、眠りのリズムを調整するメラトニンというものが含まれています。

1999年から日本でも研究がされていて、その働きについては、すでに確認がされています。

犬にとっては、体を元気にする素材、このように思うと分かりやすいと思います。

 

有胞子乳酸菌と犬にとっての健康との関係

これは乳酸菌なので、腸内を整えることは、イメージできると思います。

乳酸菌って、とても種類が多く、また見つかっていない菌もあるのですが、腸内環境を整えるには、とても役立つものになります。

犬でも腸内を整えることができるので、便の調子などにもプラスになると思います。

そして有胞子乳酸菌というのは、胞子という固い殻をもった乳酸菌の事で、胃酸や熱に対して強く、そのまま腸内に届いて発芽する菌とされています。

とても強い乳酸菌、そんなイメージの菌になります。

そして「犬心の消化器ケア」には、その乳酸菌と他の2つ乳酸菌、そしてオリゴ糖で、犬の腸内を整えることになります。

腸内の健康維持は、体そのものの健康維持に役立つことになるので、これもトラブルが多い愛犬には、役立つことになります。

 

犬心の消化器ケアの成分

そいて成分についてですが、このようになっています。

  • タンパク質:29%
  • 脂質:8%
  • 繊維:5%
  • 灰分:5%
  • 水分:10%
  • 410kcal/100g

となっています。

ここは普通のドックフードと、あまり変わらないと思います。