ドックフードの成分を分かりやすく解説!原材料の比較や見方まで

ドックフードの成分や栄養素やあげる量、原材料などを解説しています。犬や特に柴犬のアレルギーが気になる人はドックフード成分は、どんな栄養素で、犬にどんな影響があるのか気になる人もいると思います。その栄養成分についての見方や比較、分析などをしています。成分表の原材料から分かることはたくさんあります。

カテゴリー

ドックフードの成分や原材料から柴犬にはどんなものが抜擢する?

f:id:kenkou145:20181018105204j:plain

柴犬に合うドックフードが知りたい!という事で、この件についてです。

やはり犬種というのは、それぞれ特徴があって、その犬の性格や体質、または運動量などによって変わってきますので、犬というくくりだけで見てしまって、ドックフードを選ぶのも、少し違うような感じがしています。

健康であっても、その犬によってなりやすい病気もあれば、そうでもないものと分かれてきます。

そこを見据えて、対策していくと後々助かる事になるのですが、やはりこれは、その犬種によって健康トラブルも変わってくることになります。

変わるということは、そこに合わせていくとベストなことになってきます。

そう考えると、犬の食生活も大事な要素になってきます。

今回は柴犬という事ですが、どのようなドックフードがふさわしいのかいついてまとめています。

 

柴犬に合うドックフードは低カロリーの高たんぱくのフード

柴犬に合うドックフードといと、やはり高たんぱくで、さらに低カロリーで、日本犬に合うフードがおすすめになってきます。

タンパク質というのは、体の元の材料になるもので、これがないと体自体を作ることができませんので、犬にとっても人間にとっても必要なものになります。

そのタンパク質と、さらに低カロリー、そして日本犬に合うものが最も適していると思います。

犬の祖先はオオカミだという事は知っている人も多いと思いますけど、でも育ってきた環境はみな違います。

欧米で育ってきた犬もいれば、日本で育ってきた犬もいるわけです。

柴犬は日本で長く育ってきた犬種になるので、その日本にある素材を食べてきた犬種になるので、日本食が最も適した内容になってきます。

どんなものを食べてきたのかというと、魚や野菜、穀物などです。

今から1000年前の縄文時代からそのような食生活を送ってきたので、上記のような日本食が適しているとされています。

そこから時代が変わり、余ったご飯や野菜を混ぜたものが多くなり、さらに便利なドックフードにたどり着いたような流れになっています。

そのため脂の多い肉などを苦手としていて、ヘルシーな方が体質的にもあっている事になります。

 

具体的はどんな原材料を使ったドックフード?

柴犬にどんな原材料を使ったドックフードが適しているのかは、ベースでいうと鹿肉、馬肉、ラム肉や魚です。

特に鹿肉がおすすめできます。

鹿肉は高たんぱくで、低カロリー、さらに低脂質となっていて、日本犬には特におすすめできる肉になってきます。

豚や牛がベースとなっているものもありますけど、これは柴犬向きではありません。

また肉の配合率100%近くになるようなものも避けた方が良いと思います。
今のドックフードの考え方は、海外が先端になっているので、その影響から肉ばかりが良いという流れになっています。

確かに肉ベースは間違ってはいないのですが、でも日本犬は上記で話したように肉ベースで育ってきた環境の犬ではありません。

日本にある日本食で育ってきた環境化にあるので、肉ばかりのドックフードが合うようであまり合わない傾向にあります。

そして100%近いくらい肉ベースになると、これだけでは栄養の偏りが起こりますので、後でサプリメントを足していることになります。

それよりも、鹿、馬、ラム、または魚がベースで、さらに穀物、野菜、できれば海藻類に果物、このようなものが含まれているが理想だと思います。

内容でいうと、鹿、馬、ラム、魚のいずれかが60%ぐらい、後は他の素材で補っている、そんなドックフードのようなイメージです。

 

原材料に穀物が配合されたドックフードは柴犬に大丈夫?

犬で良く懸念されるのが穀物の使用です。

でも穀物は栄養価が高く、また穀物の消化を得意としている柴犬にとっては望ましいものなので、無い方が不自然のような感じはします。

ここは比率の問題で、例えばこいうのはダメです。

穀物80%で肉が20%、穀物が柴犬に良いといっても、このような比率ではあまり良くありません。

でも上記のような比率にしているドックフードは現実にあります。

これを海外産の会社は批判しているわけです。

消費者にとっては安く手に入るけど、犬は穀物の消化を苦手としているし、何よりアレルゲンを多くとってしまうと、皮膚トラブルの原因になると、このようなことを言っているわけです。

確かに穀物が80%で肉が20%というのは、安く手に入るし消費者にとっては好都合だと思います。

また柴犬に多い、皮膚トラブルの原因の1つにもなるかもしれません。

でも先程話したように、適量であれば逆に皮膚トラブルの対策にもなるし、健康にも良いことになります。

何でもそうですけど食べ過ぎてしまってはダメなものは、この世の中に多くあります。

塩分なんてのもその一つですが、ミネラルが豊富なので体の栄養としては必要ですけど、でも取りすぎは体に悪影響を与えることがあります。

これは女性が好きな糖分でも同じことで、取りすぎはダメですけど、でも適量であれば、体に必要なもので健康維持にも大事になってきます。

についても同じことです。

どこか「適量」という言葉が向けていて、間違った内容が錯乱しているような感じがします。

 

柴犬に多い皮膚トラブルはドックフードのせいなの?

柴犬に多い皮膚トラブルは、実は良く分かっていないのが現状で、また確実に治す方法も確率されていませんので、長いお付き合いになってくることが多いと思います。

食品が影響するものについては、どの原材料に反応しているのかをある程度見極めることができるようになっています。

ハッキリまでは分かりませんが、何のアレルゲンに反応しているのかをある程度は分かるようになっていて、そして疑わしい原材料を省いたドックフードを与えて様子を見て、それで痒みが落ち着けば、それで解決という事になります。

でも犬の皮膚トラブルで多いのは、ハウスダストや花粉などの季節によるものや、それ以外の要素の事です。

ハウスダストや花粉であれば、これも治すことは困難とされているので長いお付き合いが必要になってくると思います。

それ以外の皮膚トラブルは、遺伝やストレス、運動不足、体質、または食品添加物などの要素があるとされています。

最新の情報では、どうもドックフードの表面上に塗っている油脂に問題があると指摘されています。

ドックフードの表面上に塗る油脂というのは、食いついを良くさせるための方法の1つで、この吹き付ける油脂が古い油だったり、使いまわされた油で、それが原因ではないのかとの説があります。

 

柴犬におすすめできる具体的なドックフードは?

柴犬に具体的におすすめできるドックフードですが、全部紹介しきれないのでコチラの「柴犬におすすめ人気のドックフード!ランキング」を参考にして下さい。

具体的な特徴や詳細などもすべて載せてあります。

どれも柴犬にはおすすめできる内容になっています。