ドックフードの成分を分かりやすく解説!原材料の比較や見方まで

ドックフードの成分や栄養素やあげる量、原材料などを解説しています。犬や特に柴犬のアレルギーが気になる人はドックフード成分は、どんな栄養素で、犬にどんな影響があるのか気になる人もいると思います。その栄養成分についての見方や比較、分析などをしています。成分表の原材料から分かることはたくさんあります。

ドッグフードに含まれるチキンミールとは?犬には危険な原材料?

チキンミール,ドックフード,犬


ドックフードの原材料を見ると「チキンミール」というものが含まれていることがありますが、これは犬にとって危険性があるの?という事で、この件についてです。

多分、どこから色々調べてた方が疑問に持つ事だと思うのですが、フードの原材料に「ミール」と記載されていると、あまり良い印象を持たない人が多くなってきました。

中には「危険」または「辞めた方がよい」などの声もあるようですが、果たして本当にそうなのかについてまとめています。

 

 

ドックフードに含まれるチキンミールとは副産物のこと

 ドックフードに含まれることがあるチキンミールとは、一体なんなの?という事ですが、結論からいうと副産物ということになります。

ここでいう副産物の意味は、人間の食生活の中で食用にならない鶏の部位という事になります。

食用にならない部位というと、鶏のトサカや羽などの部位のことになります。

こういう部位は人間の食用としては向いていないので、普通は廃棄するところですが、有効活用するためにレンダリング工場というところに送られます。

有効活用するという事は、使い道があるので活用することになります。

そのような部位を適切に処理をすることで、また別なものに生まれ変わるような感じです。

そうして誕生したものが「チキンミール」という事になります。

ただこうして聞くと、何か気持ちの良いものではないと思います。

特に「食用にならない」という言葉がそのようにさせているところがありますが、役立っている人もいることは確かなことです。

 

鶏の副作用はチキンミール以外の事にも何に使われる

 鶏の食用にならない部位をレンダリング工場で、処理をすることになりますが、ここでチキンミールというものを作りペットフードの飼料としても利用されることがありますが、それ以外にも利用価値があります。

まとめるとこのような感じです。

  • ペットフード
  • 動物性油脂
  • チキンオイル
  • 肥料や家畜の餌
  • 石鹸やろうそく
  • 化粧品や防臭剤

捨てる部位といってもレンダリング工場で特殊な処理をすると、人間の生活でも役立つものに変えることができます。

鶏の羽といっても、そのままでは食べることは困難ですが、これを別な処理をすることで、人間社会でも役立つものに変えることができます。

ただ人間用の食用としては、表に出ることはありませんが、上記のような事に使われていることになります。

でもなぜペットフードに含まれるようになったのかです。

 

なぜドックフードなどにチキンミールが使われる?

 そしてドックフードやキャットフードに、なぜチキンミールが使われるのか?です。

これには2つの理由があります。

  1. ペットフードは雑貨扱いだから
  2. 販売単価を下げることができるから


この2つの理由があります。

 

ペットフードは雑貨扱いになっている

 これは少し残念なことでもありますが、日本ではペットフードは雑貨扱いとなっています。

要するに食品扱いではなくて、雑貨品と同じ扱いになっているわけです。

犬は人間ではなくて動物なので、牛や豚と同じような扱いのような感じです。

ただ愛犬家の方からすると「愛犬は家族も同然」または「我が子」このように考えている人の方が多いと思います。

ここで国で考えていることとギャップを感じることになりますが、犬はあくまでも動物という位置にあります。

人間が口にするものはしっかりとした法律がありますが、動物が口にするものは、日本国では残念ながら人間ほどの法律があるわけでもありません。

そのためペットフードにチキンミールが使われる事になります。

分かりやすくすると「犬は動物なので人間用の食品でなくてもいいよね!」という事になります。

 

販売単価を下げることができるから!

 そしてもう1つペットフードにチキンミールが使われるのは、販売単価を下げることができるためです。

これは何でもそうですけど、あまりものやどこかの「はじ」と呼ばれる部分は安くすることができます。

分かりやすいものでいうと「パンの耳」のようなイメージです。

食べれないことはならないけど、販売としては使えないので、捨ててしまうのであればまとめて販売してしまおう!のような感じです。

魚の骨のなどのアラなどもそうです。

少しチキンミールと意味合いが違いますが、そうしたはじの部位になるので、ドックフードを製造しているメーカーは安く原材料を仕入れることができます。

安く仕入れることができる素材なので、ドックフードの単価を抑えることができまあすから、消費者の方もメリットを感じていることになります。

ただそれに反対しているドックフードメーカーも多いので、二極化されています。

ミールを使うメーカーさんは、どちらかというと市販で販売されているフードがほとんどです。

でも犬のことを思うのであれば「それは許されない」というメーカーさんは、ミールを使わないペットフードを開発し販売していて、ここで二極化されているわけです。

そのため消費者の方も二極化されている事になります。

どっちを選ぶのかは飼い主さん次第になってきます。

 

チキンミールは危険なの?

 チキンミールは危険なのか?という事ですが、結論からいうと「気持ちの問題」ここに尽きると思います。

ただ現状としては、ペットフードについてもチキンミールが今まで使われてきた経緯もありますし、特別すぐに何か問題が起こっているわけでもありません。

ただ、レンダリング工場自体の光景が凄まじいものがありますので、ここで危険のように判断する人もいることは確かなことです。

例えば何かの理由で死んだ鶏なども使用されることがあるからです。

ただ1つ言えるのは「良質な肉」とは言い難い素材になると思います。

中には良質と呼べるミールもあるのですが、どこの部位を使ってミールにしているのかの説明が曖昧なところがあります。

どこまでいっても気持ちの問題になると思いますが、できれば食用になる部位を使ったドックフードの方が気持ち的には安心感があると思います。

犬は雑食なので、何でも食べることはできますが、できれば良質な素材を与えたいと思う人の方が多いのではないかと思います。

関連:原材料からすぐに分かるドックフードの正しい選び方と5つのポイント